ZenPlus

日本が恋しくなったら揃えたい食材・ソフトドリンク編

Created 2022/07/28 13:14:02 in お茶 | 日本茶 | ほしい物リスト |

海外在住者向け☆ ZenPlusで揃う!日本が恋しくなったら揃えたいソフトドリンクのリストです🍹

こんにちは。🌞
日本は一度は過ぎ去ったかと思われた秋が戻ってきて心地よい季節となりましたが、お住いの国ではいかがでしょうか?

この記事では前回に続き、「日本が恋しくなった時に揃えたい食材リスト」を紹介していきます。
前回はお食事編でしたが、今回はおやつの時間・ソフトドリンク編です。🍩

国や地域にもよりますが、お茶やラムネなど日本のドリンクはまだまだ手に入らない地域も多いですよね。
緑茶はあるけど、細かい分類はなかったり、突然甘酒が飲みたくなったり・・・。

帰国が難しい今は恋しい思いもますます募っているかと思います。

すべてZenPlusで購入が出来るものを紹介するので、お買い物の参考にしてみてください。♪

 

毎日でも飲みたいお茶からパーティーにぴったりなラムネ飲料まで集めてみました。🍵

日本茶・緑茶

 

#1:煎茶

緑茶は茶葉を発酵させずに作られたお茶のことを指しますが、その中でも煎茶は日本人に一番飲用されている種類です。
日本茶生産量の8割を占めており、飲んだことがない人はいないのではないでしょうか。

太陽のもとで栽培することにより渋み成分のカテキンが増えるので、煎茶には程よい渋みがあります。
すっきりと飲めるので常備しておきたいお茶です。
ZenPlusで煎茶をチェックする▷


煎茶くき茶

メーカー:中村藤吉本店
産地:京都
内容量:4g × 10バッグ
値段:1188円


上級煎茶 深蒸し ティーバッグ

メーカー:静岡茶通亭
産地:静岡・鹿児島
内容量:4g × 20バッグ
値段:800円

#2:ほうじ茶

名前の通り茶葉を焙じてできるほうじ茶。
最近ではスイーツに使用されることも多く、カフェインも少ないことから大人から子供まで人気のあるお茶です。

地域にもよりますが、海外でも見かけることが見かけることが増えてきたかもしれませんね。^^

ほうじ茶は、茶葉を高温で焙煎することで、渋み・苦みがあるタンニンやカテキン、利尿作用のあるカフェインが減少します。
また、香り成分のピラジンが作られるので香り高くなっており、渋みが少なく香ばしいので大変飲みやすいです。


ZenPlusでほうじ茶をチェックする▷


香利休ほうじ茶

メーカー:つぼ市製茶本舗
内容量:150g
値段:1296円


有機栽培茶 霧島棒ほうじ茶

メーカー:ながた茶店
産地:鹿児島
内容量:70g
値段:734円

#3:玄米茶

茶葉に炒ったお米や玄米を混ぜた玄米茶。香ばしい香りがたまらないお茶ですね。
さっぱりと飲みやすいので、海外の方も飲みやすいのではないでしょうか。

煎茶の下級品や番茶を使用していることから、比較的安価なものが多くあります。
また、玄米には生活習慣病の予防や、便秘の解消の効果があるそうです。

一杯飲むだけで玄米と茶葉、それぞれに含まれている成分も吸収できるので、安くて美味しくて体に良いおすすめのお茶です。
ZenPlusで玄米茶をチェックする▷


宇治抹茶入り玄米茶

メーカー:伊藤久右衛門
産地:京都宇治
内容量:200g
値段:756円


特上玄米茶 (農薬不使用)

メーカー:味の一醸造
産地:滋賀朝宮
内容量:100g
値段:500円

#4:番茶

番茶は地方によってはほうじ茶のことを指したりと、意味が変わってきますが、基本は主流の茶葉からそれたお茶のことを指しています。
今回あげたお茶の中では一番安く手に入りますので、日常使いにおすすめです。

下にあげた「秋冬番茶」は三番茶の芽を摘採せずに伸ばして、9月下旬から10月中旬に一緒に摘採して生産されるお茶です。太陽をいっぱい浴びることで、カフェインが少なくカテキンやビタミンが豊富で、すっきりと爽やかな味です。

2つ目の美作番茶は岡山県美作市に伝わる珍しいお茶で、真夏に刈り取った茶葉を鉄鍋で煮て、天日干しして、さらに、煮出した煮汁をかけて干し上げ、焙煎したものです。大量生産のできない手作りのお茶です。
ZenPlusで番茶をチェックする▷


秋冬番茶(水出し専用)

メーカー:宇治田原製茶場
産地:京都宇治
内容量:8g × 62バッグ
値段:3559円


美作番茶(品種:やぶきた)

メーカー:鎌倉倶楽部茶寮
産地:岡山県美作市
内容量:60g
値段:605円

#5:抹茶

Matchaと表記されて今や世界でも大人気の抹茶。
アメリカにはなんとエナジードリンクとして抹茶を売っているカフェもあるそうです!

抹茶は他のお茶とは違い粉になっていますが、緑茶の1つです。
茶葉を蒸した後、揉まずにそのまま乾燥させ、茎や葉脈などを除いた茶葉「てん茶」を砕いたものが抹茶になります。

また、てん茶は若い芽を摘み取ったものですが、カフェインはカテキンやテアニンのように、若い芽に多く含まれているので、抹茶はカフェイン含有量が高くなっています。
カフェインにより、集中力アップの効果や眠気覚ましになりますし、テアニンが含まれているのでカフェインが持つ興奮作用を抑えてくれます。

下にあげた、「お抹茶入門セット」は日本に帰らずとも茶道ができるので、お子様やお友達と体験してみてはいかがでしょうか。
ZenPlusでソースをチェックする▷


有機抹茶 極

メーカー:京都宇治ヤマサン
産地:京都宇治
内容量:30g
値段:2180円


お抹茶入門セット


お抹茶入門セット

メーカー:宇治田原製茶場
産地:京都宇治
内容量:宇治抹茶(20g)、抹茶碗、茶筅、茶さじ
値段:2480円

#6:麦茶

夏の暑い日に冷たい麦茶。
もはや夏の風物詩といっても良いくらい日本人の夏には欠かせません。
海外に住んでいてふとした時に飲みたくなる飲み物ナンバーワン(当社調べ)ではないでしょうか。

麦茶は大麦を焙煎したものを指します。
緑茶とは違い茶葉ではないので、カフェインは含まれていないので、お子様や妊婦の方にもおすすめです。
ZenPlusで麦茶をチェックする▷


丸粒むぎ茶 (麦茶)

メーカー:つぼ市製茶本舗
内容量:350g
値段:378円


国内産六条大麦100%使用 麦茶

メーカー:創健社
内容量:10g × 16袋
値段:346円

#7:その他

玉露やかぶせ茶など、お茶の種類はまだまだありますが、今回あげてみたのは以下の和紅茶と漢方のお茶です。

和紅茶は、実は明治時代にも生産されていたようです。
日本では緑茶と同じような環境で育つので、外国産とはまた違う優しい味わいやほのかな甘みがあります。
お家で比べてみるのも楽しいかもしれません。

もう1つの漢方はアジアではお馴染みですが、手に入りにくい地域も多いのではないでしょうか。
お茶で飲むことで気軽に日常に取り入れていただけるのでオススメです。


蜜りんごの和紅茶ティーバッグ

メーカー:荻野商店
産地:静岡(紅茶)、りんご(青森)
内容量:2g × 5包 × 10個
値段:3780円


漢美健茶 あったか

メーカー:漢方みず堂
内容量:2g × 17袋
値段:1080円

 

ジュース

 

#1:果実・野菜ジュース

果物が美味しい国はたくさんありますが、日本もまだまだ負けていません。
青森のりんごや山梨のチェリー。野菜ジュースなども美味しいものがたくさんあります。

海外のものと比べて飲んでみるのも楽しいのではないでしょうか。♬
ZenPlusでジュースをチェックする▷


梅シロップ 4倍希釈時25%

メーカー:陽だまりファーム
内容量:550ml
値段:2800円


りんごジュース(ビン)

メーカー:オーサワジャパン
内容量:900ml
値段:1252円

#2: 炭酸ドリンク

スカーッとして炭酸になるだけで何倍も美味しくなる気がしますよね。

日本では炭酸飲料は150年ほど前から飲み始められています。
ペリーが来航した時に乗っていた船に炭酸レモネードが積まれていて、江戸の役人に飲ませました。
これが、ラムネの原型となったそうです。レモネードはラムネの名前の由来にもなっています。

サイダーやラムネなど日本独自の炭酸ドリンクをお家でお楽しみください。♪
ZenPlusで炭酸ドリンクをチェックする▷


トンボラムネ ※日本国内製造

メーカー:トンボ飲料
内容量:200g × 30本
値段:4560円


箕面柚子サイダー 生搾り果汁入り

メーカー:能勢酒造
内容量:250ml × 12
値段:3610円

#3:甘酒

甘酒といえばお正月に神社でいただくもののイメージがある方が多いかもしれません。
また、最近では高い栄養価があることから健康ドリンクとして飲んでいる方も増えてきています。

甘酒には2種類あり、酒粕で作られたアルコールが入っているものと、米麹で作られたアルコールがないものがあります。
どちらも栄養価はとても高く、飲む点滴とまで呼ばれています。江戸時代には夏バテ防止ドリンクとして飲まれていたようです。

今回あげた2つはどちらもノンアルコールの甘酒なので、お子様や妊婦の方でも飲んでいただけます。
豆乳で割って飲んだりお砂糖の代わりにお菓子に使ったりと色々な使い方ができますので、海外での健康管理のお供にしてみてはいかがでしょうか。
ZenPlusで甘酒をチェックする▷


甘酒プレーン

メーカー:たきのいずみ
内容量:200ml × 20本
値段:3960円


しょうが入り甘酒

メーカー:日本盛
内容量:350ml × 8本
値段:3756円

 

まとめ

今回は「日本が恋しくなったら揃えたい食材のソフトドリンク編」の紹介をしました。

まだまだ帰国は難しい日々が続きますが、全てZenPlusで購入していただけるものをあげているので、ぜひチェックしてみてください。

次回は、おやつの時間・お菓子編です!お楽しみに🌞

※食材は発送できない国もございます。

 ....................................................

関連するトピック

 

-->

2022/07/28

ブログトップに戻る