ZenPlus

Badlands Jake E. Lee / Tokyo, Japan 6.18.1989 2CD-R

  • $17.10 USD
  • $17.65 USD
Seller: monotone-extra

ジェイク・E・リーが元BLACK SABBATHのレイ・ギランやエリック・シンガーらと結成したBADLANDSは、'89年5月に1stアルバム「BADLANDS」を発表します。'70年代初期に直結するハードロック・サウンドとブルースのコクを満載し、濃厚なまでのグルーヴを感じさせた彼らの楽音は、L.A.メタルからブルースに回帰しつつあった当時のロックシーンに強烈なインパクトを与え、同時期のMr.BIGやBLUE MURDER以上に"玄人ウケするバンド"としてファンの熱い視線を集めました。彼らのステージ・デビューはジェイクと縁の深い日本が選ばれ、'89年6月13日の中野サンプラザ公演を皮切りに、6月19日の東京郵便貯金ホール公演まで6公演が行われました。本作「LORD KNOWS」は、その5公演目となった6月18日の東京・中野サンプラザ公演(二日目)の模様を、トレーダー間でも知られていなかったオリジナル・カセット・マスターからダイレクトに音盤化。リアルな臨場感と演奏の聴き応えを両立したサウンドは、BADLANDSのジャパンツアーでも屈指の一本として、今もマニアの高い評価を受けています(ちなみに、最終日となった翌19日の郵便貯金ホール公演を収めた「ROCK STEADY」は、本音源と同一テーパーによる録音)。マスター・ダイレクトの確かな見通しに加え、程好い距離感で会場の熱気とムードを丸ごと包んだような音像は、オープニングの「Hard Driver」から理想的なサウンドを構築。この音色がバンドの熱い演奏と化学反応を起こし、「Ball & Chain」そして「Dancing On The Edge」と、聴けば聴くほどライヴ・テープならではの旨みが滲み出てきます! 演奏が聴き取り易いのも嬉しく、彼らがステージの上から放つグルーヴは、LED ZEPPELINなど'70年代ハードロックに先祖がえりしたような強烈さを覚えます。その中心に位置するジェイクは各曲で縦横無尽に弾きまくっており、個性的な「Dancing On The Edge」や「Winter's Call」のイントロ、さらに「Rumblin' Train」のソロなど、随所で絶品のギターを聴かせてくれます。同じ中野サンプラザで行われた初日公演を収めた「THE FIRST LIVE」(Langley)などと聴き比べると、本ライヴまで4本のライヴを重ねた事でバンドメンバーもステージでのカンを取り戻したようで、アンサンブルもより強固になっているのが理解できます。「Devil's Stomp」や「Dreams In The Dark」ほか、タイトルに冠された「Load Knows」のパワフルな演奏は聴き手をノックアウトする事間違いなし。どこまでもパワフルに、ソウルフルに伸びるレイ・ギランのヴォーカルも素晴らしく、ライヴのクライマックスを劇的に飾る「High Wire」は最高です! アンコール・ラストで取り上げられるRARE EARTHのカバー「GET READY」まで、聴き手はバンドの熱い演奏にどっぷり浸ってしまうでしょう!骨太なロック・サウンドで通のマニアも唸らせたBADLANDSライヴを極上の臨場感で追体験させる本作は、ジェイクのファンだけでなく'70年代ハードロック・ファンにも是非聴いて欲しい一本です。
Live at Nakano Sunplaza, Tokyo, Japan 18th June 1989 TRULY AMAZING SOUND(from Original Masters)
Disc 1 1. Hard Driver 2. Ball & Chain 3. Dancing On The Edge 4. Winter's Call 5. Aimless Lady 6. Rumblin' Train 7. Seasons 8. Devil's Stomp
Disc 2 1. Rock Steady 2. Jade's Song 3. Dreams In The Dark 4. Streets Cry Freedom 5. Lord Knows 6. High Wire 7. Get Ready
Ray Gillen - Vocals Jake E. Lee - Guitar Greg Chaisson - Bass Eric Singer - Drums

Product # ZENC-00452
Weight 100 g
You might also like